鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

成果主義型賃金制度の作り方

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

流行り始めて10年以上たつ成果主義型賃金制度ですが、
上手に作るにはどうするかを、長々と書いて行こうと思います。

成果主義を導入する目的と聞かれると、
1.経営資源の限られたお金を、頑張った人に多く払いたい
2.頑張る人に、いい待遇をしたい
3.できない人にも、やったら給料がすぐ増えるようにしたい
4.やる気のない人は給料下げたい
といった代表的な意見を耳にします。

中小企業の場合は、
『やる気のない人の給料下げたい』
が一番だったりするのですが、これが目的の成果主義賃金導入なら
止めたほうがいいです。

企業の経営状態が悪化している時に、
賃下げ目的の成果主義だと、採算分岐点を境目にして、
成果目標を設定したりして、
人によっては途方もない目標で、
人によっては楽勝の目標になって、
全体的にモチベーションが下がって、
結果的に全体の数字が落ちてしまう。
というパターンが多数。

いつものように話が脱線しがちですね。

ということで、成果主義の目的なんですが、
本来の目的は、『事業収益の向上』ですよね。

事業収益の向上の為の手法のひとつとして、賃金制度改革があって、
その中の手法のひとつが成果主義型賃金制度の導入です。

収益を上げる方法は、色々あるのですが、
みんながもっと頑張れば、もっといい会社になる!
『はず』なんですが、どうするべきなのでしょうか?


とりあえず、タイトルに『成果主義型賃金の作り方』
なんて書いてしまったので、成果主義賃金制度で会社を良くするんだ!
という経営者を前提に話を進めていきます。

という事で、とりあえず目標管理から始めましょう。

今日はおしまい。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト

テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/08/06(月) 18:04:23|
  2. 成果主義の作り方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/95-453b76d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。