鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こうして企業は倒産する 26 社員抜きで企業改革はできない

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

前回出した経営改善目標3社分です。

1.仕入先拡大
2.仕入価格見直し(自社メーカ部門の商品は除外)
3.他県提携同業者との相互企業訪問等ネットワーク強化
4.同上 業者と連携したカテゴリー毎のEDLP戦略に合致したマーチャンダイジング
5.同上 業者と連携した小市場のこだわり商品へのマーチャンダイジング
6.業務内容の見直し(アウトソーシング等模索)
7.商品構成を見直し
8.数量の少ないものは廃止(その分他メーカが入り込む)。
9.経営分析にて圧倒的シェアを維持している部門への新規商品開発。
10.利益率の高い直販部門、ネット販売、ギフト部門強化
11.量販店向け商品の不採算商品のコストダウン化
12.県外市場の積極的開拓
13.新商品開発
14.遠隔地へでの営業戦略強化
15.商品クレームの撲滅
16.商品クレームが減らない場合は廃業

この経営改善目標に何の大きな問題があるのでしょう?

それは、この経営改善目標を作ったのは私一人だということです。
この中で改善担当者の分類をすると、

A.自分が直接やる事
6.7.8.9.13.14.16
B.自分が中心になってやること
3.4.5.10.12.15
C.部下、従業員が中心でやること
1.2.11

基本的に自分ひとりで作るということは、自分が思いつく範囲で
自分ができる事を中心に計画を作っていきます。
そしてその結果として思い浮かぶ結果も、自分で想定しています。

そこに対する行動というのは、
・社員からするとただの押し付けにすぎない
・社員は自分が一人でやっている事に対して協力しようという気が起きない
・そもそも自分がその時々で何を考えて何をしようとしているのか社員は知らない
・方向性を発表しても、自分しかできないと思い込んでいる
・そもそも人にやらせることを初めから想定していない

となると、
これだけの内容を改善するには、とっても時間がかかります。
自分は企業改善の専門家ではなく、企業経営者の立場が根本にありますから
それに付随した仕事も、継続してあるわけです。

と言うことでどうなったかと言えば、
A.自分が直接やる事・・・とても遅い
B.自分が中心になってやること・・・スピードは遅く、振った所が進まない場合も
C.部下、従業員が中心でやること・・・チェックが働かず、やらない、進まない

改革は速やかにやるのが原則なのですが、
遅い上にやらない物まで出てくると、計画倒れと同じです。

つまり経営改革は、内容の立案の部分から、社員を巻き込んで行わないといけません。
実際は社員を巻き込んで行うには、他にも条件があったりして、
それも難しい場合があるのですが、それは機会があったら話します。

ということで今回のポイントは
経営改革はスタートから社員と共に

なんか社労士らしいまとめになったね。
でも事実ですよ。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/06/29(金) 16:49:08|
  2. こうして企業は倒産する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/80-f3120f0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。