鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生活保護で大騒動してましたが

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

生活保護を不正に受給してるだなんだと大騒ぎをしてます。
憲法にある最低限の生活の保障のためのセーフティネット。

食べるものさえ全く手に入らずに餓死してしまう方を
国として、もう出すわけにはいきません。

子供が大金持ちだったら、子供のマンションに住んでいたら、
もらってはいけないのか。

親子で別居して2人で別々に生活保護もらったいけないのか。

こういった個別の問題を個人への糾弾にしてはいけないのか。

様々な意見が飛び交っています。



今回の件が大騒動になっている理由って
『法律違反の疑いがある』ってことじゃないような気がします。

最低限の生活の保障のためのセーフティネットを
『受けるべきでない人がもらっているのがずるい!』
っていう事を、大勢の方は思っているのではないでしょうか。

だから釈明会見を見てもしっくりしないし、
議員が受給額の引き下げ法案を検討してもなにか納得できない。

親子の関係も色々あるでしょうし、
法律を強化して、受給できずに亡くなる方が出ては
何もならないです。


受給要件は厳しくして、受給審査は甘くして、
受給違反に対する取締りと罰則を大幅強化するのがいいのかな。

新しい法律ができたら、きっとその抜け穴を捜す。
どこまでいっても『ずるい人』は無くならないのかも。
スポンサーサイト

テーマ:意見・つぶやき - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/06/03(日) 12:00:00|
  2. ニュースにひとこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/69-7ab47212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。