鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

就職失敗で昨年150人自殺 対策はあるのか?

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

今日の南日本新聞にも掲載されていましたが、
150人自殺中、42人は大学生、4名は高校生。

よくある死ぬ勇気があれば、何でもできるってのもありますが、
私の個人的な体験上も踏まえて言えば、

内定がもらえないことが続く → 軽いうつ状態になる → 更に内定がもらえない
→ 自己否定の感情が支配する → 自殺してしまう

こういったパターンもあるのではないかと思います。
(すべてこうだと言うつもりはないです)

思うに、就職困難の結果自殺を選んだ方が
内定至上主義や就職至上主義では無く、
内定がもらえないことが、最初はそんなに大きなダメージであった訳でもなく、
友人や、恋人や、親の軽いプレッシャーや、
世間で話されるニート不要論等の様々な情報が積もっていき、
その結果として大きな不安感と自己否定が芽生えてくるのではないでしょうか。

つまり状況としては、誰でもそうなってしまう可能性を秘めている
出来事のひとつだという感じがします。

3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金とか
3年以内既卒者トライアル雇用奨励金とか
社労士として貢献できる部分もあるのかもしれません。
(上の助成金は6月末で終わりですが)

政府がやるとしたら、補助金付けるか、案内サービスの拡大をするか、
学生の就業スキルを上げる教育を行うか・・・といった感じですが、
そういったスペシャリストへの補助よりも、
土木建築製造のような、1社の仕事が多くの会社の仕事や雇用を生む
仕事が成長せ出来る戦略が必要のような気がします。

しかしこれを作るのはもっと大変かもしれませんね。
多くの人が喜べる政策って難しいわ。



↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/05/14(月) 11:42:23|
  2. ニュースにひとこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/61-07f6cc47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。