鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こうして企業は倒産する 4

実体験の倒産劇、その4です。

会社が大きく傾いたのには、実は大きなきっかけがありました。

まだ私が、他の会社で働いている時のことです。


会社の創業者は、実は父の兄(つまり伯父)でした。
私の父は材木屋さんとか経理事務所で働いて、
ましたが、伯父の開業後、程なく伯父の会社に入ってきました。

それから会社が伸びていきます。
実はそこら辺にも色々と問題があるのですが、
今回はそこは置いときます。

家族経営でスタートでしたので、共同生活でコスト削減です。
(同じ家に住み、食事も全員分作り、寝る部屋も同じで
生活費を共同にして、全員『給料無し』で働いたのです)
みんなで少しづつ資金を溜めて、機械の購入や土地建物の購入を
していきました。

自前のものが増えるにつけて、伯父に給料を別途で渡すようにしました。
そして次は祖母にも。その後が叔母でその次に父が取るようになりました。

ちなみに土地建物などの名義は、
全て創業者の伯父の名義になっていました。
(共同名義の知識が無かったのか、制度がなかったのか不明)

数年が過ぎ、会社も大きくなりました。
しかし、不幸な事に、様々な事情があり、伯父が自殺してしまいました。

当時伯父には、その奥様と、その他の女性との間に生まれた子供がひとりいました。

程なく伯父の奥様がいきなり父の元に弁護士とやってきて、
・土地建物を伯父の死亡した時点での市場価格で買い戻す事
・会社の株式の伯父の持分を時価価格で買い取ること
という話を持ってきました。

そのお金で、伯父の認知した子供と自分とで遺産分配するということでした。

会社規模はそこそこまで大きくなってきましたが、
役員名義で会社受け取りの生命保険は掛けていなかったので、
大きな出費となります。
当時の運転資金も潤沢ではなく、多少の利益が出ている程度でしたので
会社を清算するか、借り入れをして支払うか 2つに1つです。


結局借り入れをして支払いを行いました。

それ以来、キャッシュフローは大幅に悪化。
事業内容に見合わない負債を背負った経営が始まり、
利益よりも売上げ重視にすることで資金を回転させる・・・
という負のスパイラルが少しづつ始まって来たのです。

ポイントとして、
「土地建物等固定資産の名義管理は適切にしましょう。」


次くらいは、社労士らしく人のトラブルで合った話をします。
スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/03/30(金) 16:33:11|
  2. こうして企業は倒産する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/33-128c8030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。