鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こうして企業は倒産する 3

実体験の倒産劇、その3です。

前回、『帰郷時に決算書を見たら分析不能なくらい分からない。』
どういうことかをちょっと説明しようと思います。

会社は3社あって、決算月は全て違います。
3社は残りの2社と売り掛け金、買い掛け金が両方あります。

どういう事ができるか説明しましょう。
前提は3社とも赤字の、だめな会社です。

A社が今月決算が来ました。

A社からB社、C社に架空売上げを上げます。
架空でも、B,C社はとりあえず仕入れが上がります。
A社は売上げが増加します。売掛金が発生します。
この売掛金は回収しません。
すると流動資産としてバランスシート上も良くなります。
しかし、一方でB、C社のB/S、P/Lが悪化します。

でも大丈夫。
A社の決算が終わったら、今度はB社の決算が来ます。
その間にA社がやった事をB社がやればいい。

B社が終わったらC社がやります。
これだけで、結構いい数字に書き換えられます。

他の方法として、
B社、C社から別途で商品を仕入れます。
仕入れた商品は在庫し、在庫高は平均売価で資産計上します。
なんと仕入れた瞬間に利益が上がります。
A社がメーカーであれば、月末までMAXで製造すれば
在庫高が上がるほど利益が増えます。

食品メーカで、特に賞味期限が短い物を高い時点の価格で
時価評価すること自体が間違っているのですが、
長くやっていると、誰も気づかなかったりします。


こんなことをやりまくるとどうなるか。
どこまでが正しくて、どこまでが嘘なのかが分からなくなります。


はるか昔の時代は、そんな決算書でも銀行はOKだったみたいです。
『儲かっているかどうか、分からないから、
 社長に話を聞いてみて判断する』
という方法です。
バブルがはじけて数年したら、銀行がかわりました。
どうなったかというと
『儲かっているかどうか、分からないから、
 とりあえず融資はしない』
となりました。とりあえずNOになったんです。
(よく考えたら当たり前だよね)

そしていきなり会社は苦境になりました。

でも実際は単体企業が赤字だったので、
元々苦境に立っていたのに気づかなかったってことです。

ここでのポイントは

『在庫計上は企業に合った方法で適正にしよう!』

なんか社労士のブログじゃないね・・・
スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/03/29(木) 01:07:43|
  2. こうして企業は倒産する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/31-95eab679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。