鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こうして企業は倒産する 2

このシリーズでは2回目になりますが、
まず当時の企業概要を説明しましょう。

私が某大手食品メーカを退社し、帰ってきた企業とは、
3社を抱える企業グループでした。
1.食品製造販売メーカ
2.食品卸問屋
3.食品製造及びコンビニエンスストア事業

1番目が本体で、メーカでは地域3番手の年商10億
2番目は地域最大手企業で年商30億
3番目は中堅メーカで年商1億


個人的には在籍していた大手食品メーカは、東証一部上場してましたし、
また、そのメーカは上の3社とも取引は無く、
コネ入社ではなく、一般入社で入った上に、
在籍中には、結構活躍させてもらい、特別研修に出してもらったりしてました。

そのために、能力的には遜色無いと自分で思っていたことは事実です。


さて、帰ってきた私は、父が社長だったので、
いきなり専務取締役となりました。
まぁ2代目息子の社長候補としては良くある話ですよね。
この良し悪しの話はいろいろありますが、それは置いといて、
早速決算書を数年分引っ張り出して、企業分析を始めました・・・

・・・が分からないんです。
企業分析をしても、全く企業概要がつかめないのです。
3社の決算期はそれぞれ別の月で、3社ともそれぞれ商品の売買を行っています。
そして月次単位で起こる理解できない商品の動き。

経理担当に聞くと・・・
流れが大きくて、実態の把握をしているのは社長だけだそうです。

それなら社長(=父)に聞いてみる。
しかし、はっきりした答えは返ってきませんでした。

はっきり言えば粉飾決算ですね。それも税務署向けの利益隠しでは無く、
銀行向けの赤字隠しの粉飾です。

追求しても教えてもらえないので、仕方なく断念。
この断念が良くなかったのはひとつですが
最大のポイントがひとつあります。これがあれば、まだ良かったんです。
(粉飾決算が駄目なのは当たり前に分かってますが、あえて言います)

『粉飾する際は、きちんと正しい裏帳簿を付けましょう』
スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/03/20(火) 23:31:12|
  2. こうして企業は倒産する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/26-8bfba2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。