鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

厚生年金のパート拡大

厚生年金のパート適用が、年収97万以上まで拡大!
っていうニュースが入ってきました。
よく見れば、厚生労働省が言ってるだけの話なのですが、
適用拡大になったら、雇用時間を減らす事業主が増えるでしょうね。

そうするとワークシェアリングになっていいのかな?

というよりも懸念されるのは、パートの掛け持ちが増えたり、
労災保険や雇用保険の二重払いになったり
変な事が起こりそうな気がします。

最大の問題は、飲食業・運輸業・製造業のパートが
安定して働きにくいという状況が発生します。
雇用人数を増やそうと思っても、
・求人してもあまり来ない
・パートスキルも上達までに時間がかかる
ような業種は、海外移転を加速させる恐れがあります。

トータルコストの上昇は、インフレターゲット掲げた日銀と
思惑は合うんでしょうが、単純な人件費増によるコスト上昇は
貿易立国日本としては、完全にアウト。
この対策になるのは、自動化だったりして・・・
最終的には労働者にしわ寄せが来るようになります。

単純な対策ではなくて、少子化の解消や
貯蓄を消費にまわせるような施策で
景気に対策を打りながらやらないと、
雇用がもっと減少してしまう。

雇用が減ると、厚生労働省の問題になるのに、
年金部会と連絡されてないのかな?
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2012/03/15(木) 23:50:01|
  2. ニュースにひとこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/22-b66824f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad