鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

職域加算廃止が先送りになりました

公務員の職域加算の廃止案が先送りになりました。
共済年金での優遇政策になっていた職域加算。

個人的には、公務員の年金を減らす事には賛成しかねるところです。
国家公務員は日本を動かす人間として、
広く優秀な人材を集める必要があると思います。
優秀な人材を集める、最も『簡単な』方法は、
給料を上げるということですね。

公務員の問題で取り上げなければならないのは
・採用に関する口利きの問題
・やる気の失った人の処遇
だと思います。

広く人材を募集する事が必要なのに、
口利きで身内に近い人を採用する。
民間企業なら、採用に関して自分の企業が判断するので
どういった人材登用制度になっていようがいいのですが、
公務員は、公正かつ公平な判断が必要だと思います。

さらに一部の公務員の方に、理念を失い
その特権にあぐらをかいて、やる気の見えない方が
いることが悲しい現実。
実際はこの人たちが、実力ある公務員の方々の価値を下げている。
こういう人たちを、どうにか処遇を考えることも
必要な気がします。

うーん 社労士らしくない発言ですね。
スポンサーサイト

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/03/11(日) 18:40:30|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/20-1f28b46b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。