鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

年金はもらえるのか?1

国民年金はもらえるのでしょうか?

財源が無い、積立金が減っていっている。
仕組み自体が破綻している。
騎馬戦から肩車まで・・・

不安材料ばかりあおるばかりですが、
たしかに現状の仕組みではいずれ
破綻するような気がします。

だから払わない方がいい・・・
なんて言っている人をみるとかわいそう。

私は断言したい。
国民年金は必ずもらえます。

今回はその理由1
例えば国民年金が破綻したとしましょう。
年金が来年には財源が尽きるので、支給できない
事態がやってきたとします。

『来年から国民年金は支給できなくなりました』
65歳以上の人はどうするでしょう?
60歳~64歳の人の老後設計はどうなるでしょう?
50代の人はどうするでしょう?

高齢者の暴動があちこちで起こるような気もします。
生活保護世帯が数十倍に増加します。

保険料で半分まかなわれていた年金から
全額税金の生活保護へ移行です。

国庫は即破綻します。
日本の円の信用が破綻します。
日本国債もデフォルトになります(今のギリシャ以下)
国内の金融機関が大量に倒産します。
国内企業の相当数が倒産します。

国力なし、税収なし、借金あり
国が破綻します。


つまり国民年金破綻は、日本の破綻です。
国として成り立たなくなります。

これを回避するには、年金破綻前に侵略戦争するぐらいしか無い。
もしくはハイパーインフレでも起こすか。

普通の人なら、そうなる前に対策しますよね。

つまり消費税が100%以上になったとしても、
国民年金を支給しない日が来るよりもずーっとましに
なります。

だから、国民年金はもらえます。
日本が消滅するのと年金制度を維持するのとを選択できない
議員もいないし選択できない国民もいないとおもいます。

まだその時が4,5年後とかの近い将来ではないから気にならない
だけで、そのときまで放置することは無いです。
スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2012/03/10(土) 00:51:01|
  2. わかりやすい年金
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/18-d9f9d294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。