鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

年金未納問題について

鹿児島の社労士|助成金、社会保険料適正化、業務改善アドバイザーの原田です。

年金未納問題に対して厚生労働省が動きました。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131212-OYT1T01037.htm?from=ylist

督促状を全員に送るということですが、
これをすると何が変わるのでしょう?

年金を納めていないと、『延滞金』がつくルールになっています。
実はこの延滞金は、現実的にはほとんど徴収されていません。

その理由は、
「何も言わなかったから払わなくてもいいとおもっちゃった」
なんていう言い訳に回答できなくて、
「でもこれで払ってもらったからいいや」
なんて解釈で済まされていた話だったみたいです。
(厚労省発表を『超』意訳で捉えているので、正確には違いますけど)

しかし督促状を送れば、知らなかったは通用しなくなるので、
思う存分延滞金をとれると考えているみたいです。

払えないなら免除申請すれば、1円も払わなくても半分はもらえる制度です。
免除申請もしないで、「お金が無いから払わない」はもったいない。


「数十年後、年金はもらえなくなる」なんて言われ続けて
既に20年が経っています。

何十年たっても数十年後は・・・
なんてテレビで言っている人が、全員年金を払っていて、
実はもらう気マンマンでいるのも知らずに、
免除もしない、納付もしないは確実に損する事になります。

年金事務所は、延滞金と併せた差し押さえを国税庁にお願いするのを
バンバン増やしますよ~。
なんて公式に発表しているので、
フリーターの方も個人事業主の方もよく考えた方がいいかもですよ。

私の予測では、少なくとも100年以上年金制度は維持される確率は・・・
98%です。

2%引いたのは、
第3次世界大戦が始まって、更に日本が敗戦して、
併合とかでなく、完全植民地化されることになって、
国民としての権利の全てが一切消滅した場合は、
維持されません。

多くの国際協定にも違反されるような対応を強いられる事になれば、
年金どころではないでしょう。

こうならなければ、年金はもらえるので、
免除か納付かの手続はちゃんとやっときましょうね。


↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト
  1. 2013/12/14(土) 12:06:00|
  2. わかりやすい年金
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/164-41e9be5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。