鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

半沢直樹の最終話に関する人事的考察

鹿児島の社労士|助成金、社会保険料適正化、業務改善アドバイザーの原田です。

大評判だった半沢直樹が終了しまして、
結果的に
・大和田常務の平取締役への降格
・岸川部長の出向
・半沢次長の出向
ということで幕を閉じました。

ほぼ原作通りだからしょうがない、高視聴率だから次につなげたい、
等の大人の事情は置いといて、今回の人事についての妥当性を考えます。

まずは、岸川部長の出向ですが、
「迂回融資を知りながら融資の決定をした」
「事前リークで債務超過の可能性を知りながら融資を実行した」
という事実を本人が認めているので、降格・出向は当然ですね。

大和田常務に関してですが、
(原作は同様の人物が降格+出向になっているが)
岸川部長から関与の首謀者である告発はされています。
しかし、この証拠はありません。
(土下座の行為が認めたと思われるかもしれませんが)
ここでこの舞台は合併したメガバンクの1行であることを考えます。

常務取締役の解任、役員としても解任、及び出向
という不正の親玉として妥当な人事を行えば、
銀行のナンバー2が大規模な不正に直接関与していた事実を
世間に露呈することになります。

それは当然監督不行き届として、頭取の責任問題も発生します。
また、規模としてメディアの餌食にもなるでしょう。
銀行としての信用の失墜も考えれば、
・銀行の破綻 もしくは
・更なる大手銀行の傘下として吸収合併
の選択をしなければならない可能性もあります。

となれば、大和田常務関与の証拠がない事は重大になります。
「迂回融資」「事前リークを無視して融資」のどちらも、
岸川部長の告白以外に大和田常務の関与を証明するものはありません。

すると銀行ナンバー2の不正事件は、
就任して間もない平取締役の過去の不正事件になるのです。

更に金融庁検査直後で、「問題なし」と判定された直後で
不正事件の発生の事実は、金融庁当局としても
大きな問題にしたくない所でもあるでしょう。

大和田常務が恐らく岸川部長の取締役就任を後押ししたでしょうから、
人事選択の失敗と管理不行き届きとしての降格処分は
銀行の立場、頭取の保身、金融庁の立場も考えれば、
今回の事件としてはクロをシロとすることが妥当かと思われます。

となると、半沢次長の処分も取締役会としては、
暫く本体から退いて欲しいのが本音。
しかし、遠方赴任・融資先への転出・降格処分
といった内容であれば、退職して事件をリークする恐れもあります。、
しかし結果的には出向であっても、
「営業企画部部長」として昇進扱いであり、
出向先も都内の関連会社であることから、左遷とは言い難い。

ま、原作では取締役会でもめた話とかがありますが、
ドラマ上で展開された部分だけで判断しても、
全体の人事としては十分な妥当性があるように感じます。

まぁこのレベルの銀行であれば、取締役の方々も
融資停止や融資引上げで倒産させた会社は
1社2社どころではないでしょうし、
全ての融資先において、グレーと思われる企業に
融資した経験なんか1回もないとは言い切れないはず。
ましてや、企業に騙された経験だって、身の回りで多数有るはず。

そのメンバーでの会議で、銀行マンとしての理想の正義を
レクチャーされても本気で相手にされるかどうか・・・

ということで、今回の人事は、ドラマ的には何とも言えませんが、
現実的には非常にありえるかもねぇ と思った所でした。


↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト
  1. 2013/09/23(月) 13:27:48|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/157-5e49efa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad