鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人口甘味料の摂取は砂糖より太りやすい?2

鹿児島の社労士|助成金、社会保険料適正化、業務改善アドバイザーの原田です。

先日「人口甘味料の摂取は砂糖より太りやすい?」って記事に対して
何か変だな??と思って調べてみた事を書きました。
http://cop099.blog.fc2.com/blog-entry-142.html

すると別方面から続編が出てきました。
http://matome.naver.jp/odai/2137379649436157501

そこでまたまた調べてみました。
こんな記事を書いていると、「人工甘味料大好き!」と思われそうですが
いちおう「そんな事ないです」と言っておきましょう。

変な理屈で、まどわせるような表現に注意しましょうってことです。
人工甘味料を常食で長期間に渡って大量に利用した場合に
人体に問題があるかどうかは別の話ですし、
それはきちんとした科学者に検証してもらいましょう。


今回はアメリカのパデュー大学(Purdue University)の教授の発表でしたので、
早速パデュー大学のホームページを訪問すると、
問題となるSwithers教授の発表が掲載されていました。

まず、「まとめページ」に記載されていなかった
Swithers教授が行った実験の内容はどんなものであったのか?
それも書いてありましたので、下記に要約します。

------------------------------
発表は2つの研究に基づいて行われました(と書いてある)
実験1
・ラット(試験用のネズミですね)を2グループに分けます。
・片方のラットAには甘く高カロリーの甘味料で味付けした餌をあげます。
・もう片方のラットBには人口甘味料で味付けした餌をあげます。
 (この人工甘味料はサッカリンです、と書いてある)
・10日間その状態を継続して、10日後から両者とも
 高カロリーのチョコフレーバーの餌が食べれるようにします。
・すると、人工甘味料のグループBの方がたくさん食べました。

実験2
・チョコフレーバーのプリンAと、チョコフレーバーのミルクBを用意します
・ラットを2種類に分け、Aを食べるグループとBを食べるグループに分けます。
・すると、Bのグループの方が体重がたくさん増えました。

(上記実験のA,Bの名称は分かりやすいように私が付けました)
------------------------------
参考にされた実験は以上です。

この実験から「まとめページ」の結論を導くのですが・・・
すでに疑問をお持ちの方が増えている事でしょう。

実験1では、
低カロリーの物ばかり食べていれば、きっと痩せてきたのでしょう。
そこに高カロリーの物が出されたら、(本人がダイエットする気がなければ)
多分たくさん食べるような気がします。
実験2では、
同じカロリーだったら液体の方が吸収がいい・・・ってことかな?
今までもそんな気がしてました。

では表題のような結論にどうやって結びつくのかを検証します。
Swithers教授いわく、
米国の肥満の増加と、人工甘味料や高カロリー飲料の増加の傾向は同じだそうです。
つまり・・・
『人工甘味料を使った飲料が肥満の原因のひとつになっているのでは?!』

うんうん、なるほど。
個人的には、肥満が増えたから人口甘味料を使う人が増えたような気がするが、
逆に考えるとそういう考え方もできるわけだ。


それでは、「まとめページ」にある、
ダイエット炭酸飲料を飲んでいた人は、高血圧、糖尿病等にかかる割合が非常に高い
(一部要約)
のような文章は、別なページに書いてありました。

でも、そこには「加糖飲料はメタボになりやすい」ってことは書いてあっても、
「1本でもカロリー0飲料を飲んでいると・・・」なんてニュアンスすら無い。

まぁ百歩譲って、そういった傾向がデータにあったとしても、
肥満やメタボの人だからカロリー0のダイエット飲料を
飲んでいるというのは、自然のような気がするが・・・

メタボの人はダイエット本を買っている→
ダイエット本を買うとメタボになる確率が高い

と同じ理屈のような気もしないでもない。


個人的に今回の話は、疑問が残るのですが、
こういった話を信じる方にとっては、面白い研究なのでしょう。

感じるのは、期待した結論を持って研究をすると、
同じ現象でも違う見方ができるということです。
そして、1つの論文や研究結果だけを参考にしても、
それが絶対的に正しいとは限らないということだと思います。

色んなデータや研究結果があふれている中で、
本当に自分が参考にして行動できる物を選んで、
実践する為には、常にリスクがあるということなのかもしれないですね。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト

テーマ:意見・つぶやき - ジャンル:ビジネス

  1. 2013/07/15(月) 20:24:38|
  2. データを考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/153-c26d2e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。