鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤字会社の事業承継5

鹿児島の社労士|助成金、社会保険料適正化、業務改善アドバイザーの原田です。

「事業承継」その時に会社が赤字だったらどうすべきか?

そして4つの選択肢。
1.事業を止める
2.赤字を黒字化できそうな他人(他企業)に承継する
3.赤字のまま身内に承継する
4.黒字に転換させてから承継する

いよいよ選択肢の最も多い4番についてです。

前提は赤字企業だということなので、
赤字でない場合はもちろん違う事は押さえておきましょう。


赤字を黒字に転換させてから承継、
これはひとつの理想です。

だからこれを目指すのは悪くない。

例えば、中堅得意先の倒産による単年度赤字。
キャッシュフローの円滑化を数年待って社長交替。

全く問題ないと思います。

ただし金融機関が支援してくれるなら、待つ必要もないかと。

問題は出口の見えない赤字に突入している場合。

数十年の社長としてのキャリアの中では、
同じような事もきっと経験しているでしょう。

それをどうにか潜り抜けてきた今までの経験を生かして、
『なんとか、この事態を脱出させてみせる!』
これは社長の意気込みとしてとっても大事です。

『意気込みが大事』なのと、『それでいい』のとは
関係ないのが問題です。

さて、前回は企業再建の話になったら打ち切ってしまったのですが、
ここに踏み込まないと、今回は話にならないので、
ちょっと深く突っ込んでいきます。

20年間も続いたデフレの流れは、
大きく時代を変えて、企業体質や企業の性質も変えていきました。
・低価格路線での生き残り
・差別化戦略による生き残り
・ニッチ産業への特化
・・・等 企業のビジネスモデルを変化させることで、
生き抜いてきたはずです。

それが現在赤字に転落したと言う事は、
それまでやっていたビジネスモデルが通用しなくなったと言う事です。
この状態を数年繰り返すということは、
もし雇われ社長の会社であれば、株主総会で解任されるでしょう。

解任されないのは、社長が筆頭株主だったりするからだけです。

赤字が続くのであれば、ビジネスモデルを転換させなければいけません。

金融機関との交渉であれば、各論での改善や新規部門への進出とかで
きちんと整合性のある計画書を作成すれば、十分に通る可能性はあります。
これを押さえて融資コンサルタントとかが話をしたり、
指導したりする場合もありますが、根本の経営改善とは関係ないので、
一時金としての融資をもらっても、何もならない場合が多く有ります。

金融機関のランク付けのどこに位置しているかとか、
借入するための審査のポイントとか、それを知った所で何の意味もないのです。
よく金融関係者を揶揄する言葉で、
『金融のプロは、商売のプロではなく、商売を理解するのは、
自分が商売で借入をして返済をしないと分からない』
と言いますが、事実上金融出身にコンサル屋はたくさんいても、
有効な再建屋はほとんどいないのが如実に物語っています。

新しいビジネスモデルを描くには、柔軟な発想と情報が必要です。
しかもそれは
・事業内容、目的の転換
・コストのアウトソーシング
・事業縮小
・業務の集中、又は分散
・一部または全部の解散

といった重大な決断がたくさん必要になってきます。



おー、どんどん事業承継と関係ない話になってきたぞー、
・・・なんてことは無くて、ここからが関係あるのですが、
もう長いので次に回しましょう。

もっと完全に脱線していったほうが面白かったりして。


↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

  1. 2013/06/28(金) 19:32:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/152-d889f4de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。