鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

プライドの価格

鹿児島の社労士|助成金、社会保険料適正化、業務改善アドバイザーの原田です。

個人的によく考える事のひとつです。
こんな変な話を聞いた事が無いので、どうかな?
と思ってます。


ほとんどの方は、誇りやプライドを少しはお持ちだと思います。
人によっては、大きな物になる方もいらっしゃいます。

そして事業の再建や、人生の見直しをするのに大きな障害となる物も
プライドで、人の成長の妨げになるのもプライドだったりします。

一方で、根幹の心を支えるのもプライドだったりします。
プライドを根本から折るのも良し悪し。


プライドの価格と題を掲げましたが、
これは、別な言い方をすると、夢の価格であったり、
信念の価格であったりします。

『そんなもの値段なんかつけられないだろ』
と多くの方が言われます。


そこで、ひとつ質問をしてみましょう。
・あなたのここだけは譲れない事、もしくは、
 これだけはやりたくない事を挙げてください。
 殺人や窃盗とかの犯罪は避けてください。
・できるだけ具体的で、身近な事にしてください。
 (事業を止める、裸で町を歩く、大嫌いな人とデートする、
  今の地位を捨てる、内容は何でもいいのです)


・そこで提案です。
 『あなたがそれをやってくれたら、
  10兆円現金で即座にあげましょう。』

これで全く心が動かない物だけが、
本当の価格の付けられない物です。

すると絶対に譲れないものの中で、
『完全にそうだ』と言い切れる物が減ってくるはずです。

10兆円もくれたら仕方ないでしょ・・・
と思った方。
1兆円ならどうでしょう?
100億円ならどうでしょう?
1億円ならどうでしょう?
下げていって考えたときに、『それ以下ではムリ』
と思った価格が、その譲れないものの価格なのです。

これは普通の場合は、
値段を低い価格から吊り上げていくと高くなり、
高い所から下げていくと低めになります。

しかし『値段がいくらだった』が本当の問題ではなく、
『絶対譲れないプライドや夢や信念』の中で、
『実は価格が付けれる物』がたくさん有ったということが重要です。

それは『譲れない絶対』では無く、
『お金次第では譲るけど、できれば譲りたくない物』
なのです。

そうして考えていくと、身が軽くなっていったりします。
自分の命より大事だと思い込んでいた物も、
実はお金より軽かったりするのです。

苦境に立たされた時に、
本当に譲れない物の為に何をすべきかを、
きちんと考える事が必要だと思います。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト
  1. 2013/04/22(月) 11:56:06|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/140-7620405b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad