鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

50代前の女性のメディアパワー

鹿児島の社労士|助成金、社会保険料適正化、業務改善アドバイザーの原田です。

先日テレビを見ていると
アラフィフの話が出ていた。

時代の中心はアラフォーからアラフィフに移るらしい・・・

そこで、ふと気付いた事がある。

確か元々はアラサーで始まったこの名称だが、
メディアのメインはアラフォーだった。

その時私は30代半ばで、これからアラフォーに突入かな~
という年齢だった。

その昔、私が高校生時代には、「女子大生ブーム」が巻き起こっていた。
私が大学に入ったときには、ブームが既に女子高生に移っていた。

そして大学在学中は、バブル経済絶頂で、20代中盤の社会人がメディアの中心だった。
大学を卒業するとバブル崩壊していたので、全ては無くなっていた。

そしてアラフォーブームが起こる。


流行はその世代や地域、特定の商品とかの部分で毎年色んな仕掛けが
作られていて、その内の一部が流行していく。

しかし特定の世代を取り上げてブームになるのは、あまり見かけない。
私の3,4歳上(現在の40代後半)の女性をターゲットにしたブームは
ちょっと多いなぁという気がする。

というのは、私の年齢ぐらいが、常にちょっと年上の人のブームを見せられて、
自分がその年齢になったら、そのブームは終わっている事が多すぎる。

男性に対してブームを仕掛けても、あまり経済効果がないから、
メディアは動きにくいのはよくわかる。
この世代の女性に対してのブームの仕掛けは、なぜこうも露骨なのだろう。
アラフォーの発祥は、アラサーで始まったはずなのに、
アラサーはブームに成らず、アラフォーは流行語大賞になる。

もしかしたら、人口比率が高いから注目を受けるのかな?
と調べてみると、なんとこの世代の人口は周辺世代に比べて最も少ない。
(団塊の世代と団塊ジュニアの狭間の世代に当たる)

強烈な影響力を持った人が、多数輩出されているのだろうか?
とっても不思議だ。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト
  1. 2013/03/11(月) 15:11:01|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/137-1888688a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。