鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人に任せても大丈夫

鹿児島の社労士|助成金、社会保険料適正化、業務改善アドバイザーの原田です。

先日テレビを見ていたら、ある会社の社長が出てきて、
『細かいところは全て私が最終チェックをしています』
と言われていました。

なんの会社だったかは明確に覚えているのですが、
あえて名前は出さない事にしましょう。

番組内では、そのバイタリティと行動力に
大絶賛で終了したのですが、個人的に感じたのは、
『あーこの人が死んだら、会社は倒産するんだろうな』
なんて思っちゃいました。

そこで感じた、仕事ができる社長の欠点
1.大事な仕事を自分でやってしまう
2.部下の仕事に満足することができない
3.会議をする前から結論がでている
4.考える部下が育たない
5.自分が一番忙しいような気がしている
6.異業種交流会等で会った他の社長と
  話をしている方が社員と話をするより楽しくなる
7.従順な直属の部下より、頭の回転の速いパートさんが
  大事になってくる。

社長さんって仕事ができる人や、仕事に一生懸命の人が多い。
組織を運営するトップとしての資質と、
仕事に対する能力とは必ずしも同じではないということです。

『もっとパートさんやアルバイトさんが頑張ってくれれば
この会社はもっと良くなるぞー!』
なんて思って、支店長や店長の教育はほったらかしだったり、
意見を採用したり、大きな仕事を任せたりしないのに
『当社の管理職は意欲ややる気が足りないんだよ』
なんて思っていたり。

仕事ができる社長だから、立派な社長とは限りません。
でもそういう人こそ実は人格者だったりして、
人を大事にしたい、会社を大事にしたい、社会に貢献したい
業績なかなか上がんない、部下はついてこない、
どうしたらいいかわかんない、
コンサルタントに聞いても知ってる話しかしない、
こんなジレンマに陥ってる時があったりします。

仕事に不得手な部分があれば、人を頼る事に何の問題も感じません。
だから何でもできる社長ほど、実は社長に向いていないのです。
自分がどんなタイプなのかを、自分が把握するのが大切ですね。


ちなみにこういった社長の会社を大きく変革させるには
企業の内容や規模によって、数種類の解決方法があります。
・・・がほとんど個別事案で全部違うので、
下手に書くと『同じ事やってもだめだったぞ』なんて言われそうだ。
ということで続きは逃げておこう。


↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト
  1. 2013/01/19(土) 12:37:08|
  2. 労務管理の色んな話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/132-ec6bc0c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。