鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

業務改善って何するの?

鹿児島の社労士|助成金、社会保険料適正化、業務改善アドバイザーの原田です。

ブログタイトルにも書いてるし、ブログにも毎回書いてます「業務改善」
ちなみに名刺も書いてます。

「イメージが沸きにくいから外した方がいい」
「この文句で仕事来たりする?」
などと言われたりして、「う~ん」と悩んだ末、
説明しちゃえばいいやと思っちゃいました。

個人的には最も大事だと思っているので、
消す気は全く有りません。

業務改善の為に、
・先進企業を視察に行く
・成功企業から手法を学ぶ
・「こうして私は成功した」ってオビに書いてる本を読む
といった具合に、企業の方々は努力しているのですが、
手法を色々と導入しても、なかなか定着しないし、
最初は良かったけど、後からムダに見えてくる・・・
なんてことは良くある話です。

結局自分の職場と人の職場は違うのです。
同業者で、顧客対象も同じで、近隣で営業してても違います。
片方が成功して、もう片方はコテンパンにやられることって
少なくありません。

「いいことは真似する」は鉄則ですが、
真似してても勝てません。

むしろ企業体質が合わない場合は、
真似する事が逆効果の場合もあります。

自ら考えて、自ら改善する。
とっても理想的なんですが、

「職場を良くしたい」なんて誰も思ってなかったり
思っていてもとても発言しずらい雰囲気の職場を、
「みんなで職場を良くしましょう」と言い合える職場に変革する。
それが真の業務改善です。

もちろん簡単にできません。
そして改善意欲たくましい経営者の号令の元にやっても
なかなか定着しません。

それをなんとかするのがこの仕事なんですが、
もちろん経営者の理解と協力が必要になるので、
する気がある人以外に提案できないところが難しい。

よく改善で話に出る「トヨタのカイゼン」ですが、
カンバン方式やTPSとかいったシステムだけが秀逸なのではなく、
それに付随した様々な変革を生み出し続けられる体質が
最も大切な部分ですが、現場を別会社化しているだけで
カイゼンスピードが鈍ってくることも多数あります。

まぁそんなお仕事内容です。
ん?全然わからなかった?
あー やっぱりタイトルから消せとまた言われそうだ。
でも消しません。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

  1. 2013/02/09(土) 17:51:38|
  2. 事務所案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/116-b9d83721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。