鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

政治的に見た国民年金が必ずもらえる理由

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

最近ちょくちょくと
『国民年金払った方がいいの?』
と聞かれる事がありました。

よく言う
『私たちの世代ではどうせもらえないでしょ』
『破綻してるんだからもらえないよね』
なんてセリフは、しっかり厚生年金に加入していて、
国民年金もらう気マンマンのキャスターやコメンテーターに
まんまとだまされてます。

ということで、もらえる理由は前にも説明してますが、
今回は「政治的に」という面から説明しましょう。


国民年金法及び国民年金法施工規則
全ての条文を読んでも、
『財源が無くなったら支給しない(支給を停止する)』
なんて意味合いの言葉はありません。

これはどういう意味でしょう?

これは財源が0になっても国の支給義務はあるという事です。
つまり、お金が無くても払う義務はある。


今公債特例法案が、国会を通過しないせいで、
一部の地方自治体は、銀行からお金を借りて地方自治体を運営してます。

おんなじです!

財源が0になったら、銀行からでも闇金融からでも、
借りてきて払わないといけないんです。
それか・・・破産宣告するか・・・
国が払うって書いてあるので、破産するのは年金じゃなくて、国家財政です。
国家財政の破産宣告ってのは・・・「日本は終わったー」って感じです。


そうならないように、お金が無くなった時の事を考えましょう。

そうだ!
「財源が無くなったら国民年金は支給しない法案」
を作ればいいのだ。
法案作って、閣議決定を経て、国会審議の後、国会決議を通せば・・・

これが現実的にできる?という問題です。

今の国会議員は全員国民年金を払ってます。
官僚の方も全員加入してます。
国民年金もらってる有権者は、どんどん増えていきます。


自分自身の老後を守らない法案は誰が作るのでしょう?
議員立法ですか?官僚が作るんですか?


お金が無いのが理由なので、払わないのは、
当然老齢年金だけではなくなります。
遺族も障害も払わなくなる法案・・・

閣僚は次の選挙には必ず落ちるとして、
その後の閣僚の安否は大丈夫か心配です。

国家レベルの暴動が起こってもおかしくない内容ですから。

そして年金協定を結んでいる諸外国からも、ものすごい抗議がきます。
該当する国から賠償請求も起こるでしょう。

国内は暴動・国外からは糾弾
こんな時、閣僚にはなりたくないねぇ


「払わなくても最低保障年金がそのうち導入されるよ」
も信じてはいけません。
輿石幹事長がちゃんと
「導入しても移行期間には最低40年かかる」って言ってますよ。

つまり導入された年に未成年の人にしか関係ない話ですからね。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/10/23(火) 17:45:40|
  2. わかりやすい年金
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/114-1f98420e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。