鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハートの形のさつま揚げが生まれた話

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

『こうして企業は倒産する』シリーズにからんだ内容なんですが、
これはうまくいった話なので、カテゴリ分けときます。

ちょっと的外れな時期なのでちょうどいい。

鹿児島にいるとバレンタインの時期にハート形のさつま揚げが
時々宣伝されてますが、あれを私が業界で初めて企画作成した時の話です。

これって、実は
『バレンタインデーに向けて、ハート型のさつま揚げでも作ったら
 売れるんじゃない?』
それは根本にはありますが、実はそれだけの
単純な発想で生まれた商品ではありません。

そこにたどり着くには色んな経緯がありました・・・


その頃はそこそこ名が売れているのに、
非常に経常業績が悪い会社を経営していたので、
何かしらの新商品を作る必然性を感じていました。

しかしその当時会社のメインマーケットは、
量販小売業(いわるゆスーパーとかディスカウントとか)
だったのですが、そこに投入する新商品を少し抑制していました。

量販店向けの商材は色々ネタはありましたが、
基本的に奇をてらった物は、短命に終わるのが定石。
そこに経営資源を投入するのも厳しい話です。
しかし危機的状況で、短期的な売上を目指すべきだったから
やたらめったらやった方がよかったんじゃない?
いう考え方もありますけどね。

ま、それはいいとして、

そして売上構成比で言えば
第2のマーケットはギフト
第3のマーケットは業務用
第4のマーケットは直売(ネット含む)
第5のマーケットは引出物

メインターゲットのマーケットに関しては、量販商材なので
販売チャネルはたくさん持っているんですが、
とにかく利益が確保できない。

年間の売上分析をしても圧倒的な構成比です。
この構成比を変えなければ利益体質にならない。

ギフト市場はそれ以前から拡大路線だったので、
直売を含めて、販売チャネルの拡大にアプローチしながら、
直売のネット販売も拡大していく。
業務用のチャネルは当時全くノウハウが無かったので、
一部のお客さんにお願いする程度。
これは拡大できませんでした。

そして引出物マーケット・・・?
県外の方の為に説明をすると、
鹿児島では昔から、鯛や松や扇の細工かまぼこを詰め合わせた
商品を披露宴の引出物や、家の上棟式に使われていました。
1個当たりの単価は高いんですが、
時代と共に需要が衰退する分野です。
もしかしたら県内の人も知らなかったりして。

そこでちょっと調べてみました。
何を調べたかはまた今度ね。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト

テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/09/10(月) 08:55:00|
  2. ハートのさつま揚げ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cop099.blog.fc2.com/tb.php/105-e761fb9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。