鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

勝者に学ぶ、敗者に学ぶ

鹿児島の社労士|助成金、開業、業務改善アドバイザーの原田です。

先日セミナーに行ってきまして、いろいろと勉強してきましたが、
「やっぱり」と感じた部分をひとつ。

世の中には成功哲学というものがありまして、
様々な分野で成功されている方の物の考え方や、
必勝パターンや、成功体験談等を踏まえて、
改めて自分が成長したり成功したりする為の糧にするものですが、
いくら学んでも、どんなに成功体験の真似をしても
どうしても自分が成功に導かれない場合って無いでしょうか?

社労士的に言うと、「就業規則で会社が良くなる」とか、
「クレドで見違える経営に」とか、「経営理念が会社を変える」とか
「人事評価制度でなんたらかんたら」とかありますし、
マーケティング経営とか隙間産業とか、イノベーション経営とか
まぁ講師の数と同じぐらい成功方法があるのですが、
「言うとおりしても全然良くならないぞー」
なんて話はざらにあるし、
得意顔で成功哲学をお話されていた社長の会社が、
数年後には倒産していたりして、
世の中そんなにうまい話なんて無いんだろうなぁ・・・
などと学ぶ意欲もなくなっている方もいたりします。

かくいう私も、様々な勉強会やセミナーを数限りなく受け続けて、
いろんな手法を駆使して、寝る間を惜しんで頑張りましたが、
会社を存続することができなかった経験もあるわけです。

今はいろんな会社へ訪問しながら、人事労務だけでなく、
いろんな分野に突っ込んでお話したりしていますが、
そういった部分や、もともと感じていた部分、
そして解析分析した中で思うこと。

それは、成功体験談とは、単なる一部分のクローズアップであることです。

例えば組織が活性化して、みんながイキイキ働けると、会社が素晴らしくよくなる
・・・なんてこともあるけど、そうならない場合だってあるわけです。
マーケティングしっかりやって、業界のイノベーションを巻き起こしても
倒産まっしぐらの会社だってあるわけです。

幾多の苦難を乗り越えて、百戦錬磨の社長であっても、
101戦目で負けてどん底の敗者になることもあるのです。

先日受けたセミナーは、組織経営の手法についてのものでしたが、
細かく見つめていくと、経常収支が黒字の企業であれば、
通用する内容のものでした。
(内容的には元々知っているものでしたが)

黒字であっても、零細で伸び悩んでいる企業にはいいのでしょうが、
資金繰りに追われている会社に対してはいかがなものかと感じてしまいました。

経営コンサルタントという職種は、本来、赤字の企業を復活させる業種ではなく、
黒字の企業の黒字幅を広げる業種だと思っています。
(ごくまれに違う人がいますが)
なぜならマーケティング的に考えても、赤字の企業が出せる料金と、
黒字の企業が出せる料金とは、基本的な格差があるわけで、
同じ内容のテーマでアプローチするなら、収益性が高いほうが
いいに決ってますし、コンサルタントが、高収益のマーケットをメインターゲットに
していない時点で、コンサルタントの能力といていかがなものかという気がします。
趣味やボランティア精神でやる部分もあるでしょうが。
(私が一部でやっているのは趣味の部分が大きいかな)

モチベーションの意味もあるので、成功談を聞く事や、
セミナーに参加することは大きな意義があることだとは思いますが、
聞いたからできるわけではないので、できるためにどうするかは、
企業によっては、大きな犠牲を伴うこともあります。

あ~ここまで分かっていたら、自分の会社もきちんと再建できたかもね・・・
なんて指摘をされる事もありますが、今の全ての知識があっても、
私の経営していた会社は再建できない事も、その原因も分かっています。

意図的に核心に触れないように話をしているせいで、とりとめがないような気もしますが、
核心の話は、そのうちどこかでしましょうね。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト
  1. 2014/06/17(火) 22:55:24|
  2. 労務管理の色んな話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。