鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

政治的に見た国民年金が必ずもらえる理由

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

最近ちょくちょくと
『国民年金払った方がいいの?』
と聞かれる事がありました。

よく言う
『私たちの世代ではどうせもらえないでしょ』
『破綻してるんだからもらえないよね』
なんてセリフは、しっかり厚生年金に加入していて、
国民年金もらう気マンマンのキャスターやコメンテーターに
まんまとだまされてます。

ということで、もらえる理由は前にも説明してますが、
今回は「政治的に」という面から説明しましょう。


国民年金法及び国民年金法施工規則
全ての条文を読んでも、
『財源が無くなったら支給しない(支給を停止する)』
なんて意味合いの言葉はありません。

これはどういう意味でしょう?

これは財源が0になっても国の支給義務はあるという事です。
つまり、お金が無くても払う義務はある。


今公債特例法案が、国会を通過しないせいで、
一部の地方自治体は、銀行からお金を借りて地方自治体を運営してます。

おんなじです!

財源が0になったら、銀行からでも闇金融からでも、
借りてきて払わないといけないんです。
それか・・・破産宣告するか・・・
国が払うって書いてあるので、破産するのは年金じゃなくて、国家財政です。
国家財政の破産宣告ってのは・・・「日本は終わったー」って感じです。


そうならないように、お金が無くなった時の事を考えましょう。

そうだ!
「財源が無くなったら国民年金は支給しない法案」
を作ればいいのだ。
法案作って、閣議決定を経て、国会審議の後、国会決議を通せば・・・

これが現実的にできる?という問題です。

今の国会議員は全員国民年金を払ってます。
官僚の方も全員加入してます。
国民年金もらってる有権者は、どんどん増えていきます。


自分自身の老後を守らない法案は誰が作るのでしょう?
議員立法ですか?官僚が作るんですか?


お金が無いのが理由なので、払わないのは、
当然老齢年金だけではなくなります。
遺族も障害も払わなくなる法案・・・

閣僚は次の選挙には必ず落ちるとして、
その後の閣僚の安否は大丈夫か心配です。

国家レベルの暴動が起こってもおかしくない内容ですから。

そして年金協定を結んでいる諸外国からも、ものすごい抗議がきます。
該当する国から賠償請求も起こるでしょう。

国内は暴動・国外からは糾弾
こんな時、閣僚にはなりたくないねぇ


「払わなくても最低保障年金がそのうち導入されるよ」
も信じてはいけません。
輿石幹事長がちゃんと
「導入しても移行期間には最低40年かかる」って言ってますよ。

つまり導入された年に未成年の人にしか関係ない話ですからね。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
スポンサーサイト

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/10/23(火) 17:45:40|
  2. わかりやすい年金
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お友達の会社が今日倒産しました。

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

題名の通りの話です。

既に営業はしばらくしていなかったので、
法的な手続を申請したのが今日という話ですが、
クライアントというよりも、旧知の仲なので寂しい部分はあります。

会社を廃業する2週間前に、
「手続が忙しいから手伝って」
と言われて、関わり始めて、あっという間でした。

毎月「事務所案内」作ってるんですが、
1部も渡す間がありませんでした。

事業内容をざっと見て、営業所をとりあえず1回巡回して、
全体的な事業の把握ができただけでした。


大体把握した上で、社長や社員さんと色々と話をしながら、
真骨頂である業務改善の提案ができないかを考えたりするのですが、
さすがに2週間では、何の提案もできません。

結局は全くPRしていない倒産コンサルみたいな話が
中心になってしまいました。
(これは社労士業務のおまけで濃い情報提供を
 するんで、仕事として金取るわけじゃ無いですが)


元々知っている仲だったので、もっと早く話をしに行けば
結果は変わっていたような気がします。
なんとかなる要素も満載でしたから。

しかし、体験上で考えても、事業を変革させるパワーは
並の力じゃできません。そこには様々な人間的なしがらみや
感情がからみあっていたりして、英断するのに躊躇する事が多々あるからです。

ファンドがやってる再生事業なんかを見ても、
社長をしがらみの無い人に替えてしまって、
中身をバサバサぶった切るとうまくいったりします。

それ以外の方法で、なんとかできるようになる為に
様々な方法や手法を編み出したり、学んできたのに、
連絡取るのが遅ければ何もならないわけです。

企業の生まれる創業や、企業の死ぬ廃業に関われるのは
ある意味、誕生の場面にも終焉の場面にも巡り合える。
これは人の生死にも似て、貴重な事だと感じます。

終焉にさせない為にも、もっと磨いていかなければ!
と感じさせてくれた事に感謝!


↓ この『いいね』もお願いします(^o^)

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/10/22(月) 19:00:14|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食品小売業のイノベーション

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

唐突ですが、食品小売業のイノベーションのお話をします。

その前にイノベーションって何?
と言われそうなので、簡単に言えば『新しい価値の創造』かな。
ん?全然簡単じゃない?
砕いて言うと、『新しい切り口の商売』『新しい技術を使った商売』
みたいなものかな。


ということで、よく知ってる人にはとってもつまらないお話です。


百貨店(デパート)が初めて出てきた時に、ビックリしたのは
『正札販売』と言われてます。
商品に値段が書いてあるって意味ですが、今思えば
「何がすごいの?」
と思うでしょう。
その昔は、商品に値段がついていなくて、売る相手や場合によって値段を変えてたんですね。
つまり全てのお店が、
『価格は全て時価の寿司屋や値段の書いてないスナックやキャバレー』
だったとイメージすればわかり易いかな。

それを全て明確に表示することで、買う方の安心と売る方の値決めのノウハウが
標準化できるといった様々な利点を生んだわけです。


そしてそれに対してスーパーマーケットが登場します。
たくさんの種類の商品を棚に並べておきます。
お客さんが自分でカゴに商品をとってレジまで持ってきてもらいます。
今では当たり前。でも当時はお客さんが自分で何かするのが異常事態です。

そのうち
バーコード管理、発注の効率化、配送センター化、
バイヤー制度、マーチャンダイザー制度、本部集中化、
クロスマーチャンダイジング、FSP、カテゴリマネジメント、
CRM、エリアマネージャー制度、スーパーバイザー制度
SCM、ロジスティクス 等・・・
と後半は名前から何してるかよく分からない内部改革が起こっていきます。
(全部説明したら専門書みたいになってしまう)

そして複合型スーパーとして(日本版)GMSとかが出てきます。
それは更にショッピングモールに成長したりします。

他方でディスカウントの強調版でホームセンターと総合スーパーの合体で
スーパーセンターが出てきたりします。

店がどんどん大きくなる中で、小規模店が閉鎖していく。
その中で小規模の利便性を高めたコンビニが増えていきます。

普通のスーパーは、品質重視のこだわりスーパーになったり、
鮮度重視の売り切りタイプになったり、
24時間365体制のスーパーになったり
それぞれの持った特性をはっきり打ち出すようになります。

さらにスーパードラッグストアや生鮮コンビニの参入。
宅配事業、惣菜事業等色々な付加サービスも生み出しています。


切り口を変えて、必死に考えた結果が新しい価値を作っていく。


そういった業界にどっぷり漬かっていたのは
とっても面白かったのだが、そこから少し離れた業界に行った時に
とっても生ぬるい状態の業界が存在している事にも
驚きを感じたりしました。

必死に考えたビジネススタイルも、次第にマネされていって、
そのうち世の中では当たり前になる。

だから常に新しいチャレンジをしなければいけない。
それが商売の楽しいところであり、苦痛なところでもある。

1人の人間のひとつのアイデアで一生食べていけるほどの
物なんて滅多に出会えない。
だから常に考えるし常に情報を取り入れていかないといけない。
そういった情報を仕入れる仕事や、それによって新しい何かを
考えて提案するのも仕事のひとつかな~と思っています。


それが楽しいと思わないとやってられないだろうなぁ
ちなみに今は楽しいですね。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/10/19(金) 14:55:15|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

社長のメンタルヘルスは大丈夫か?

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

スーパーハードスケジュールを超えて、
書類の山が片付いていないことにふと気付く。

まだ事務処理もあるので、最優先ではないけど、
片付かないと落ち着かない。
とてもブログどころではない!

と言いながら、ブログ書きながら、FB見ながら
片付けるのが精神的にもちょうどいいかな。


ということで無理やりメンタルヘルスの話に持ってきましたが、
今回は過去と現在を見比べながら考えます。

今回のようなハードスケジュールをやっても、
あまり精神的に参ったりしません。
睡眠時間が減っても、多少のことでは大丈夫。

社労士試験の受験前1ヶ月の時は、もっとハードでした。

4:45 起床 朝食
5:15 家を出る
6:00 出勤
19:00 退社
20:00 帰宅 風呂、めし
22:00 受験勉強開始
1:00 寝る

寝るのは1:00~2:30の間でしたね。
しかし気力十分。仕事中も眠くなりません。

『6:00~19:00の勤務で労働基準法はどうなってんだ!』
ってのは、社労士として『う~ん』と思うところですが、
会社に対する感謝と仕事に対する思い入れもあったので、
個人的にはOKとしてます。


その頃も精神的に参ったりはしていないのですが、
もっとさかのぼって、会社やってる時は、かなりやられてました。

今その状態ではないから言えるんですが、
会社倒産前1年ぐらいに起こった不調として、

・肋骨のすぐ下の方で原因不明の痛み
  30秒ぐらい息ができない程度の痛みです。
  精密検査をしても原因がわかりませんでした。
・夜尿症 
  いわゆるおねしょですが、30代後半でショックです。
  泊まりの業者会とかあると寝れないです。
  末期にはうたた寝しても、もらしてしまう。
・出社拒否症
  社長なのに会社に行きたくない。
  会社の人間と話がしたくないから、夜になってから出社して
  朝まで仕事して、明け方逃げるように帰る。
・生きることへの疑問
  自分が存在することを誰も必要としていない感覚
  ちょっとネタがきついので割愛。


解決策や出口が全く見えない仕事ってきついです。


あのまま頑張って会社を続けていたら、
病気で40歳には死んでたような気がします。
高額の生命保険は全部解約してたんで、
私が死んだら、やっぱり倒産してたかな。

なんて客観的に見れることも、今が健康な証拠。
ちょっと太ってきたので、医学的には不健康だったりして。


経営者のメンタルヘルスで最も必要なのは、
『黒字経営』『良好なキャッシュフロー』『円満な社内組織』
です。
労働時間なんて2の次です。
どうせ社長に労基法は関係ないですから。

だから今はハードスケジュールも平気です。
酒飲んでも、ご飯食べても、寝てても、トイレ行っても経営者
なんだから、どこまでが仕事中かわかんないしね。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
  1. 2012/10/17(水) 20:12:32|
  2. こうして企業は倒産する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多忙なスケジュールがようやく終焉です。

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

ブログがすっかりご無沙汰になってしまいました。

ということで言い訳をしましょう。
人の言い訳なんか見て楽しい人がいるのか
とっても疑問ですが、『ブログは日記みたいなもんです』
というビギナー向けの言葉を信じて書いちゃいましょう。


ここ3週間ぐらい地獄のハードスケジュールだったのです。

具体的にどこのクライアントがどうこうと
言いにくいところが、この業界の難しいところで、
ざっくり言えば、行政の提出書類が2週間で数百件。
添付書類まで入れて千数百枚の対応。


クライアントのパソコンからデータを抜き出して、
エクセルファイルから自動的に規定フォーマットに
落とすように作り出して、
マクロでデータを・・・と思ったら、
私のパソコンに入っているのはMicrosoft Excelじゃなくて
Kingsoft spreadsheetだったのでマクロが付いて無い!
もちろんVBも付いてないし、関数も少ない!

先月まで気にならなかったが、大量データを加工する時は
けっこうまずいです。


・・・と一般的に理解不能な話はこれくらいにして、

1日のスケジュールが
7:00 家でシャワー浴びて朝食
8:30 クライアント訪問
10:30 行政訪問
11:30 別の行政訪問
13:00 事務所に到着
14:00 事務作業開始
19:00 夕食
20:00 事務作業再開
3:00  作業終了(と言うより疲れてソファーで寝る)
6:00  起床 家に戻る

を繰り返します。
何日かは夕方の会合が有ったので、それに出席。
出席した後は、誰にも秘密で、事務所に帰って事務作業再開です。

土日は行政に行かなくていいので、
朝から事務作業できてほっと安心。
何日かは結局時間に追われて眠れなかった。
子供の運動会も午前中だけで切り上げて事務所に向かう。

しかしなんとか大きなトラブルも無く、完了できました。
まだ若干残っていますが、ブログが書けるくらいには
回復してきたので、徐々に元のペースに戻していきましょう。

これだけやると充実感はあるのですが、
やって当たり前の業務は、誰も褒めてくれないから寂しいね。

こういう中で、人前では平然とした顔で対応する事に
男の美学を感じてしまう。
こういう自己満足に浸れる間は
精神的にまだ余裕があるんだろう。

でも肉体的にはめいっぱいでした。
なのにここ数週間で全くやせてないなぁ。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
  1. 2012/10/15(月) 21:46:20|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。