鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

こうして企業は倒産する 17 事業所閉鎖


鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

企業を経営して、楽しいこと、嫌なこと、色々たくさんありますが、
個人的に最も嫌だったことのひとつが『事業所閉鎖』です。

最終的には倒産するので、最後の数ヶ月なんて嫌なことだらけなんですが、
それはちょっと例外で、おいときます。


事業の建て直しをする時に、最も有効なのが赤字事業を止める事。
銀行の方には『出血が止まらないのに輸血しても無駄』
とよく言われました。

と言う事で事業所を次々に閉鎖していきます。
・食品製造工場の閉鎖
・コンビニエンス事業の閉鎖
・営業所の閉鎖
・物流センターの閉鎖
と3年間で次々やっていったのですが、
この中で一番気が重くないのは、営業所の閉鎖です。
本社営業所と統合ということで、営業を本社に異動。
事業所の家賃や事務員給与、事務消耗品の経費削減です。
申し訳ないですが、事務員の方は閉鎖による解雇にしました。
予定外だったのは、異動予定だった営業も退職してしまいました。

次に重くなかったのは、コンビニエンス事業です。
これは閉鎖後に継承してくれる所があったので、
社員のひとりは本社営業部に異動。
アルバイトさんやパートさんは継承しました。

残った部門はとてもきついです。
何がきついって、人数が多いのですが、
基本的に『全員解雇』です。
言われる方も突然の話なのできついですが、
言う方もきついです。これを言わなくて良ければ
事業所の閉鎖統合など簡単にできます。
何の落ち度も無い人をたくさん前にして、
『今月いっぱいでここは閉鎖になりました。 全員解雇になります』

話をした瞬間から使用者と労働者の関係じゃなくなります。
契約上がどうのこうのの法的問題じゃなくて、
感情として、もう違うのです。

まぁひどいことも言われましたが、
ひどい事をしている自覚もあるので、何も言えないですね。

後になってこの件で、裁判所の調停や監督署に呼ばれたこともあります。
そんなことは、閉鎖を言うのに比べれば何てことないです。

大企業だったら本社で閉鎖を決めて、担当の長に言わせるのかな?
担当役員は言いに行くのかもしれませんが、
中小企業の大きな違いは、パートさんやアルバイトまで
顔がわかっているということですね。

引き受け先企業もある程度探して紹介しましたが
感情的にも難しいところでした。

そして最大の問題は、
『嫌だから閉鎖に踏み切るのが遅くなった』のです。
もっと早い決断が必要でした。

しかし、もしももう一度時間を戻せたらどうなるか・・・
現在のノウハウと客観的な視点でどうやって分析しても
どうみても閉鎖が妥当です。

しかし『絶対にもっと早く決断して閉鎖する』とは言いがたいですね。
もっと違う手法で延命方法を探すような気もします。

それだけ当事者になると判断は難しいということだと思います。

今回のポイント
経営に必要なのは決断力!
やめる決断ができるのが本当の経営力かもしれません。

そういう場面になったら同席して社長と社員をサポートしてあげたいです。
そんな場面は来なきゃ最高ですけどね。

↓ここも『いいね』してね
スポンサーサイト

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/05/29(火) 23:19:26|
  2. こうして企業は倒産する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドカ灰降って2日が経ちました

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

鹿児島では火山灰が降ってくるのは有名ですが、
たくさん降ってくるのを『ドカ灰』と言います。

今週は久しぶりのドカ灰でした。

朝から車を水で流して、
夜に雨が降ったので
『お・・・灰がこれで流れるな』
と思ったら、更にすごい灰雨で、
また朝から車を洗います。

通勤途中で県庁の裏を通って、
市役所の近くを通って、事務所に着くのですが、
なんと県庁と市役所の近くは灰がもう少なくなってる。

県と市がロードスイーパー持ってるんだから
やっぱり優先かい。

と思ってたら、今日の朝は、
ドカ灰降る前とあんまり変わらないくらいまで回復してるような雰囲気。

すごいじゃないロードスイーパー!

ありがとう鹿児島清掃局!
・・・清掃局かな?
と思って調べてみたら建設局 道路部 道路維持課でした。

へぇ建設局がやってるんだ。

ということで改めて

ありがとう道路維持課のみなさん!


↓ この『いいね』もお願いします(^o^)

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2012/05/24(木) 10:12:00|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こうして企業は倒産する 16 社員よ 辞めないで!

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

有能な社員が辞めるときには、必死に引き止めます。
だいたいどこもそうだと思います。

代替できる社員が多いところは、すんなり辞めれたりしますが。

私も最初の会社を退職した際は、円満退職したかったので、話し合った結果、
退職願出して退職したのは8ヶ月ぐらい後だったような覚えがあります。

退職の予告は、法律上は民法の2週間とか、就業規則で規定すれば3ヶ月はOKだとか、
給与の締め日を考慮して1ヶ月だとか、色んな説がありますが、
この人はもうすぐ辞めるかな?
って予測して退職願を出してくるパターンはあまり無いです。
(予測できるってことはパワハラでもしてんのかな?)

まぁ某会社は、年度内人員計画に退職予定者を計上して新入社員の確保数を
決定しているって所もあって、だいたい予測通りの結果になるので、
人員の流動性を把握するノウハウはすごいね・・・と思ったりしてました。
(というより自然に退職に誘導するようになってる)

こんな稀な会社のノウハウは秘密にしといて、
私も退職する時は、かなりの覚悟をもって話をした覚えがありますが、
自分が社員に『退職します』って言われると、
『え?・・・なんで?』っと当惑してました。
もちろん退職理由を聞くのですが、多い回答は
・やる気がなくなった
・他にやりたいことができた
・給料が安い為に生活が困難
って感じですね。

対応として
・長時間に渡って引き止めの話や会社の将来の展望の話をする
・一時的な給料引き上げを実施する
・部署の転換をしてあげる
と言うふうに色んな対応を苦慮しました。
(その対応のおかげで約束していた会合に遅刻したり、ドタキャンしたりも頻繁でした)

私の場合は、会社を倒産させた後に、その会社の社員が多数採用された職場に
また平社員として入社したので、ある意味自分の会社の裏側を知る機会を
もらうことができたのですが、そこでわかった事が多数あります。

・退職理由に社長の身内や親戚の悪口は言いにくい
  社長を嫌っていなければなおさらです。
  しかも言った所で改善される可能性も少ないですし、
  それを話して説得されて残っても意趣返しされる可能性も怖い
・会社の体型や人事や自分の処遇等、会社に対して発言する機会が意外とない
  会議では論題以外の話はしにくい。
  社長に直訴する程の内容ではない。
  会社の為にいいと思う企画も、自分の評価を上げるためだけの企画と思われたくない。
  企画を提案すると、現状の仕事にプラスして、それもやれと言われる。
  悪いところを指摘すると、上司が猛反発して関係ないことを言われる。

こういった現状の中で、わたしの場合はある意味の割り切りを持って、
やらなければならない仕事と、プラスアルファでできる仕事の両面を
常に行なっていたのですが、普通の社員にそこまで求めるのは、ちょっとありえないかな。

一度モチベーションが下がって、引き止めた結果として残ってくれた社員も
結局は以前のモチベーションでの仕事はしてくれない。
何かきっかけがあれば、また辞めようかなと思ってしまう。

なんと言っても、悩んだ挙句に辞める意思をはっきり伝えるまで思いつめて
出た結論を持っている人ですから、ある意味しかたの無い話かもしれません。

これは少人数の会社より中堅の会社、創業社長よりも2代目3代目の社長の会社に
ありがちな傾向かもしれません。
社長の志や声が、中間管理職より下の社員には聞こえてこない。
人数が少なければコミュニケーションも取れるし、
創業社長ならば、企業としての存在よりも家族な一員としての感情もあったりします。
その中で、信頼を置いていた社員が辞めていく事を引き止めるべきなのか?

これは私の大きな反省部分としてあります。
全く引き止めないのは無しだが、大きく時間を割いて引き止めるのはやっぱりダメ。
退職意思を伝えるまでに膨らんだ不満は消えることはないし、
辞めないでいてくれる社員のためにも、そこに大きな時間を費やすよりも
自分の意思を伝え、社員の意思を吸い上げる為に時間を使うべき。
それができていれば、もうちょっと結果が変わっていたかもしれない。

まぁうちの会社は基本的に継続して赤字であるという問題を筆頭に
多数の問題があるので、好転したかはわからないですけど。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
  1. 2012/05/18(金) 11:41:36|
  2. こうして企業は倒産する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日ソラリアオープンですね

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

本日ソラリアがオープンします。

先週がテンパラ
その前が屋台村
と新規施設のオープンラッシュです。

更にアミュ増床、イオン増床、メガソーラ建設と
ここ近年の経済動向が目覚しく変化していくような気がします。

中核都市に複数の大規模商業集積は成り立たないとも
言われておりますが、既に出来上がってしまったり
これから作られていく大規模商業集積に対して、
『そのうちどこかが成り立たなくなるよ』といった楽観視は危険ですし、
目玉になるような拠点がいくつも連立した中での、小規模商店街の生き残りや、
新規開店の施設の近隣でない店舗の生き残りを
今現在どう企画していくかも、重要な要素になると思います。

また新しくできた施設も、次々に出てくる更に新しい施設が開店することによる
顧客の減少や売上の減少を防御する策をどう講じていくかも
既に課題となっているところもあるのではないでしょうか。

東京でもうすぐスカイツリーがオープンになりますが、
それに呼応しているように、東京ディズニーランドのメディア露出が
異様なほど増えている感じがします。

つまり集客が下がる可能性があれば、その前に行動を起こすことの
重要性を学ばさられているような気がします。

どの企業も自分の売上や自分の利益は下がらないように努力しなければいけません。

そしてどの街もどの店も魅力あるアピールをしながら
成長することができれば、それが大きな『鹿児島の力』なって
魅力ある街を作り上げることができる。

だから自分の店や自分の会社を成長させることは
ひとつの社会貢献にもなるわけですね。

鹿児島初のお店がやってくるのもちょっとうれしいですが、
鹿児島のお店が大きく成長するほうがもっとうれしいな。


↓ この『いいね』もお願いします(^o^)
  1. 2012/05/17(木) 11:42:46|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こうして企業は倒産する 15 社内恋愛はOKか?

鹿児島の社労士|助成金、業務改善、年金アドバイザの原田です。

私はQで始まるマヨネーズメーカにいた時の社内恋愛で結婚したのですが、
そこの会社は、社内恋愛推奨でした。
ただし社内不倫や社内浮気は厳禁です。

まぁどこだって不倫や浮気は基本的に禁止だろ。
という意見はあるでしょうが、社内恋愛をおおっぴらに
解禁している所はあまり無いような気がします。

まぁ職場風紀の問題もあるので、社内恋愛が発覚したら、
基本的に同じ職場からは離すという暗黙のルールはありました。
離せる職場があるから、社内恋愛OKなのかも。

社内結婚したら、その子供も会社のファンになってくれるので、
ひとつの企業PRの一環と考えられている部分もありました。

そういった会社で働いていたので、社内恋愛に対して
あまり目くじら立てるような気もしていなかったのですが、
自分の会社内で数件あったのは、『社内不倫』です。
私が入社した時には既に発生している状態でした。

これってどうなの?

不倫はあまりよろしくないのですが、何よりもそれを放置している
企業体質が良くないような気がしてました。
しかもやってるのが全員管理職。

この状態の放置体質を紐解いてみたら、初代の社長にありました。
社外でつかまえた2号さん(この表現は大丈夫なのだろうか)を
会社内で働かせていた実態がありました。
しかもその時社長の奥さんも、同じ職場で働いていたという
ダブルでびっくり。
これで何も起こらなかったみたいなので、男性としての魅力があったのでしょうか。
一夫多妻制の国だったら別に問題無いのですが。

ただしこの例は、社内に外から連れてきたパターンであり、
社内不倫とは訳が違う。
しかしちょっとしたモラルのほころびが、大きく広がっている状態ですね。
しかも一人だけならまだしも、既に数人がそういった状態であれば、処罰が難しい。
『泣いて馬謖を斬る』って例えがありますが、同時に魏延や姜維も斬れるかって言えば
斬ったら終わりだろ、っていう気がしますよね。
(例えがわかりにくいかな)

こういった社内不倫の放置は、
・情報の漏洩
・人事的に特殊な扱いにくい状況が発生
・周囲が変な気を遣う必要がでる
など、一筋縄でいかない問題がでてきて、
うちに場合では、計画的大量退職(シリーズ5・6)に続くのでした。

今回のポイント
社内の風紀・モラルは想像するより大事です。

自由には責任があることを自覚しなきゃね。

↓ この『いいね』もお願いします(^o^)

テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/05/15(火) 09:43:54|
  2. こうして企業は倒産する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad