鹿児島の助成金と業務改善のアールズ社会保険労務士事務所|所長のブログ

鹿児島の社労士です。助成金・就業規則・業務改善で会社の発展、再生、成功をサポートします

助成金にご興味の方はこちら      当事務所のご案内はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こうして会社は倒産する 9 できる社員に裏があった その2

実体験の倒産劇、その9です。

前回とはまた違う人の話です。

卸部門の営業担当者の話です。
卸問屋の営業管理ですから
・売上
・利益率
を目標に管理していくのが一般的ですが、
当然当社も同じでした。

しかしどちらかが上げればどちらかが下がる。
なかなか難しいところです。
しかし一人だけ売上を順調に上げながら
利益率を維持している人物がいました。

ある時経理部門の業務内容見直しをしている時に、
リベート計算が煩雑で大変だという話をしていました。

私の業界は得意先が
・事務手数料
・電算手数料
・販売手数料
・陳列手数料
・配送センターフィー
といった様々な名目で、名目売上から支払い控除を行う
ことが一般的な業界でしたので、そこは特別な問題はありません。
だいたい3%から、多いところで7%ですね。

しかし目を見張るところが1箇所。
13%取ってる所があるではないですか!

そしてそこの店の担当者が・・・上に書いた彼でした。

そしてこの店から取っている粗利が18%
返品率が3%、配送費が約3%

え・・・利益は?(18-13-3-3=-1?)

目標粗利が16%なので、
この店が彼の成績に貢献しているんですね。

彼のこの店の売り上げ構成比は約50%

しかもサンプル扱いで関連会社商品を大量に無料納品。

これでえらい顔していたわけですからたまりません。

もっと粗利をあげないといけないと注意はしましたが
改善の様子がないので、営業成績帳票とその得意先だけ分離して
わかりやすい帳票にしてあげました。

社内での彼の威厳がなくなってしまい、
その結果かれは会社に対して大きな不満を抱くようになりました。

彼がこのシリーズ5,6(社員達の謀反)の首謀者なんですが
まぁ反発する理由はいっぱいあったということです。

今回のポイントとしては
営業数値の管理は最終利益がどうなっているかも考慮すべし

もっと早い段階で気付くべきでした。
管理不足が招いた悲劇なのかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/27(金) 09:49:24|
  2. こうして企業は倒産する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こうして会社は倒産する 8 できる社員に裏があった その1

実体験の倒産劇、その8です。

信頼を寄せる『仕事のできる社員』という人が何人かいました。

その中の数名の話です。
前提として、信頼を寄せていて、
売上数字を作れる『有能』と呼ばれていた社員の話です。

営業担当者で、管理能力にも優れていた為、
一時期物流センター長を兼務させていました。
後に物流センター長は別の人物に交代し、
営業専門の担当に戻ったのですが、
それから数年後に発覚したのが・・・

配送トラックが出た後に、在庫商品を持ち出して、
得意先の店頭で『朝市』と称して販売していたのです


しかもこれには得意先の仕入担当者(いわゆるバイヤー)もグルになっていました。

売上金は二人で分けていたみたいです。
仕入れが無料なので、激安で売ってお客さんは大喜びだったそうで・・・

物流センター長の経験を見事に生かし、
見つからない時間帯をばっちり把握した
見事なアクションです。
アルバイトに見つかっても『許可が出てる』言えば、
元物流センター長で、元上司にも当たるので、何も言えないわけです。

しかし発覚したのは、販売していたお店の売り場担当者からでした。
当社の商品を朝に激安で販売するため、通常時間では
当社から収める商品はあんまり売れなくなります。

そうすると店内のそのカテゴリは売上が下がるわけです。
するとその部門の担当者は、売上減少で評価が下がる。

ということで上司に
『朝市の売上も私の売上に入れてもらわないと不公平だ!』
と店長に文句を言ったわけです。

店長は朝市の話を知らなかった(もちろん)ので、
この話が経営者まで行って・・・

結果的には二人とも解雇でした。
(うちは懲戒解雇でなく普通解雇で処理したらしい)

ポイントとして、
『商品管理が徹底できていないと犯罪は止められない』
ってことかな。

相手ももちろん悪いが、自分も悪いということです。
  1. 2012/04/26(木) 15:27:20|
  2. こうして企業は倒産する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原田と原口はよく間違える

先日久しぶりにお会いする方と
メーリングリストで会話をしたのですが、
その時に 『原口さん』と私の名前が記載されてました。

(あ・・・別に怒ってないですから気にしないで)

実際人生の経験上では、色んな方に間違われたり、
間違って覚えてもらっていたりしてます。
ゆうに10回以上はありますね。


間違えるパターンは、必ず『原口さん』ですね。

でも私の出会った人の中では、原田の方が原口より多いのです。
それは単に私の周りだけの話で、
もしかしたら原田より原口の方が多いのでは!?

と思ってネットで検索してみたら、
http://park14.wakwak.com/~myj/lanking/zenkoku1b.html
原田は52番目で
原口は498番目です。

私の周りの人数と同じで、やっぱり原田の方が多いです。
苗字が多いからいい、悪いは無いので大きなことではありませんが、
もしかしたら全国の『原口さん』は
私よりももっと『原田さん』に間違われているのかも!?
という可能性を感じてしまいました。

どこかの原口さんで、感想がありましたら、
↓コメントでも入れてください。

ちなみに名前は『雄一朗』ですが、DMとか見ても
『朗』は基本的に『郎』に間違って来ます。

自分の名前は大事に思ってますが、人が間違うのはDMを含めて
あんまり何とも思ってなかったりします。

間違ってくれると、再会した時になおさら覚えてくれますもんね。
  1. 2012/04/25(水) 18:48:44|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホームページを作ってみました

土日は部屋にこもって、ホームページを作ってみました。

とりあえずこれで第一段落は出来上がり。

FC2や他のフリースペースで展開してみましたが、
何かしっくりこないので、
安易な方法でgoogleサイト内に作っちゃいました。

最初からこうすれば1日でできたかもね。

そのうち更新して記事を追加していきます。

見てね(^^)

アーバンリバティス社会保険労務士事務所_公式ホームページ
  1. 2012/04/23(月) 00:13:13|
  2. 事務所案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

事務所の名称と住所が変わりました

事務所名が変更になりました。
原田経営労務事務所から、アーバンリバティス社会保険労務士事務所となりました。

住所も小松原から
鹿児島市小川町13番12号レインメーカービル4F
に変更です。

こちらはアーバンリバティス法律税務事務所のある建物で、
その一角を借りて営業しております。

さてこれから更に仕事に精をだしましょうか!
  1. 2012/04/20(金) 13:11:20|
  2. 事務所案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。